痛みが少ないレーザー治療

看護師

痛みや出血を伴う手術が苦手な方にはレーザーでいぼを除去してくれる手術が良いでしょう。病院によって費用は異なりますが、レーザーであれば肌を傷つけずにいぼを取り除くことができますよ。

詳しく見る

保険が適用される手術

女性

いぼがたくさんできるとその分、料金が高くなると思っている方も多いでしょう。しかし、液体窒素でいぼを除去すれば保険が適用されるので、お手頃な価格で手術を受けることができます。

詳しく見る

内服薬で皮膚の健康を維持

医者と看護師

いぼの手術をするのが不安な方は内服薬を使用してみてはいかがでしょうか。即効性はないですが、内服薬には皮膚の免疫力を高めてくれる成分が使用されていますので、ウイルス性いぼを治すことができ、再発も防いでくれます。

詳しく見る

ウイルス性のいぼなら注射

顔に触れる女性

ウイルス性のいぼを放置するのは危険です。症状が悪化してしまうと手術をしても取り除くのが難しくなり、ウイルスが付着したままだと他人に伝染る恐れもあります。注射で治療をすればウイルスを確実に撃退してくれます。

詳しく見る

市販薬を使用する時の注意

女性

手術をしなくても市販薬でいぼを治療することは可能ですが、効果が出るまでに時間がかかります。市販薬を気をつけて選ばないといぼが治らないこともあります。病院で手術を受ければ、すぐにいぼを治すことができます。

詳しく見る

切除手術の利点

女性

いぼを確実に取り除きたいなら切除手術

顔や体にいぼができた時に手で無理矢理取るのはおすすめできません。なぜなら、いぼによって無理にとってしまうと悪化する恐れがあるからです。いぼには、2つのタイプがあります。一つは老人性いぼと言って、年齢を重ねるごとにできるいぼです。このいぼは、加齢以外にも紫外線や肌への摩擦によってできることもあります。老人性のいぼのほとんどが良性なので、放置しても悪化する心配はありませんが、スキンケアを怠っていれば増えることもあります。もう一つは、ウイルス性のいぼです。顔や体に怪我をして、消毒をせずにそのままにしておくと傷口からウイルスが侵入してきます。ウイルスが原因でいぼができてしまうと、いぼがどんどん悪化し、他の部位にまで広がってしまうと除去するにも時間がかかってしまいます。また、ウイルス性のいぼを持っている方が使用しているタオルなどを触ってしまうと、周囲の人間にもウイルスが付着してしまい、感染してしまうこともあるのです。いぼはどれもみんな同じだと思って、放置すると数が増えたり、大きくなったりすることもありますので、気をつけなければいけません。老人性なのかウイルス性なのか、いぼのタイプよって手術方法も違ってきますので、自分の顔や体にできているいぼがどんなタイプなのか一度医師に診てもらった方が良いでしょう。どちらのいぼでも取り除くことができる手術方法が、切除手術です。大きくなったいぼを取り除く際は、切除手術を行うことが多いです。完治するのに時間がかかるいぼを除去する時も切除手術が効果的です。切除手術は、メスや医療用のハサミなどの専用の器具を使って、いぼをまるごと切り取ってくれます。最近では、電気メスを使用していぼを焼き切る手術もありますよ。切除手術なら確実にいぼを除去できますが、注意をしないといけないのが、手術中に多少の傷みを感じる場合があることです。特に医療用のハサミで切除をした場合は、多少の傷みや出血が伴います。傷跡が残ることもありますので、いぼの手術後は傷薬を塗って、ガーゼで保護するなどのケアが必要になってきます。切除手術だと痛みが伴うデメリットはありますが、要望があれば麻酔クリームや局部麻酔を使用して、手術をすることは可能なので痛みをほとんど感じずにいぼの手術を受けることはできます。確実にいぼを除去してくれるので、いぼが悪化していなくて、数も多くなければ1回の手術で終わる事が多いです。保険も適用されるので、お手頃な価格でいぼを完治することができますよ。