痛みが少ないレーザー治療

看護師

痛みを感じずにいぼを除去したいのならレーザー治療

レーザー治療は痛みが感じにくいので、人気がある手術方法です。レーザー治療の特徴は、いぼの状態によって、治療方法が異なるところです。ウイルス性のいぼであれば、根っこの部分までいぼができた原因をくり抜いてくれますが、それ以外のいぼの場合ですと皮膚より出っ張った部分だけを切り取ります。いぼができた原因を根っこの部分まで、取り除いてくれるのでいぼの再発を防いでくれます。レーザー治療で使用されるのは、炭酸ガス(CO2)レーザーです。このレーザーは、美容外科や皮膚科でよく使用されています。こちらの手術法もどんなタイプのいぼでも除去することは可能です。専門医がレーザーを調整していぼを除去してくれるので、肌が傷つく心配はありません。しかし、切除手術と同じようにレーザー治療も医師の腕によって、仕上がりに差異が出ることもあるので、手術に失敗をしないようにする為に病院は慎重に選びましょう。レーザー治療は、皮膚を焼き切ることでいぼを除去してくれるので、出血は少ないです。手術後も痛みを感じることがほとんどなく、副作用が出る心配もありません。手術後は、いぼを除去した部位が一時的にへこみますが、1週間ぐらいで目立たなくなります。手術する時間もそんなにかからないので、よっぽどいぼの状態が悪くなければ1回の治療で完治できます。何度も通院することもなく、すぐに治療が終わるので、長時間待たせることもありません。ただし、レーザー治療を受ける前に確認しておかないといけないのが、手術にかかる費用です。実はレーザー治療は病院によって、費用にばらつきがあります。1mmの小さないぼを取り除く際も病院によって価格は違ってきます。切開手術と違い保険が適用されないのもレーザー治療のデメリットです。いぼができた箇所によっては、レーザーだけでいぼを取り除くのが難しい場合もありますので、治療を受ける前に事前に下調べをしておく必要があります。手術費用は高いですが、レーザー治療の場合ですと出血や痛みが少なく、傷跡が残りにくいというメリットがあります。いぼがもうできないように再発も防いでくれるので、痛みを感じずに治療を受けたい方にはおすすめですよ。