ウイルス性のいぼなら注射

顔に触れる女性

注射でいぼを取り除く治療方法もある

注射でいぼを除去できる治療方法もあります。治療方法は簡単で、いぼがある部分に注射を打つだけです。注射の中に入っている薬をいぼに注入することで、いぼが固くなっていきます。いぼが固くなることで、かさぶたが剥がれるようにすぐにいぼを取ることができます。使用されている薬には、いぼを除去しやすくしてくれる成分が豊富に含まれているので、よっぽどいぼが悪化していなければ、大体のいぼを取り除くことができます。特にウイルス性のいぼに効果的です。ウイルス性のいぼを放置してしまうと悪化してしまい、いぼが広がってしまいます。いぼが広がってしまうと手術をしても除去するのに時間がかかり、手術をしても皮膚内にウイルスがまだ付着していれば、またいぼができることもあります。ウイルス性のいぼを持っている人が使用したタオルなどを触ったら、触った人にウイルスが感染してしまうこともありますので、被害が広がる前に早めに除去をした方が良いでしょう。いぼ部分に薬を注入することで、ウイルスの繁殖を抑え、働きを弱めてくれます。皮膚内にウイルスを残さず撃退してくれるので、ウイルス性のいぼがまたできる心配はありません。ウイルスが原因でできたいぼであれば、顔以外のほとんどの部位のいぼを治療できます。切除手術やレーザー治療では除去をするのが難しい部位にいぼがあっても、注射で治療をしたら、簡単にいぼを除去することができます。他のいぼの手術だと痛みが伴うことがありますが、注射であれば痛みはほとんどありません。傷跡が残ることもほとんどなく、治療後に傷薬を塗って、絆創膏を張るなどのケアをする必要もほとんどありません。治療後に入浴して大丈夫です。体中にできたいぼをほとんど取り除くことができますが、やはり他の手術方法と比べて、完治するまでに時間がかかるので、何度か通院して注射を打たないといけません。また、治療したいいぼの数が多いと完治するまでに費用が多くかかってしまうことがありますので、費用を抑えて、痛みを感じずに治療をしたい方は、いぼを見つけたらすぐに治療を受けた方が良いでしょう。